テーマ別分科会・ワークショップ

2021年7月14日

T1田村 朋久(岡山・長島愛生園歴史館学芸員)
コロナ禍の今,ハンセン病問題から学ぶ

ハンセン病と新型コロナウイルス感染症。病そのものは違えども感染症への忌避感による排除や差別がうまれる社会構造は似ている。人は誰しも病気にはなりたくない。その原因が目に見えない菌やウイルスにある場合、私たちは患者や家族、関係者を排除しようしがちだ。事実、ハンセン病患者は古くからの差別や、国策、それに続く世論により排除され続けてきた。ハンセン病の歴史から、コロナ禍にある私たちは学ぶことは多い。

T2川野 登美子(広島・被爆語り部)
原爆の子の像建立に携わって~六年竹組の仲間たちと~

広島の平和公園にある「原爆の子の像」のモデルとなった佐々木禎子さんと私は小2から同じクラスで大の仲良しでした。同じように被爆をし、禎ちゃんは生き続けられなかったけれども私はこうして生かされています。私は被爆50年を迎えた年から語り部として活動を始めました。与えられた命に新たな使命感を持って、心を込めて伝え続けています。命の大切さ、戦争の悲惨さ、平和の尊さを一人でも多くの方に知ってもらえたら嬉しいです。

W1浅野 享三(愛知・大学)
読解・表現活動・協同学習を,RT でいっぺんに楽しむ!

キーワード「楽しさ,一体感,達成感,共感,解釈,理解,表現,文法,発音,流暢」

外国語(英語)教育に携わる皆々様,ぜひ一度ご覧になりませんか,Readers Theatre (RT)を!”A picture is worth a thousand words.” とは,RTをご紹介するのにピッタリの表現です。当日は,北海道のとある中学に学ぶ生徒らによる発表と,中高大を問わずさまざまな環境で実践を始めた先生らによる発表の2つをご覧いただく予定です。どちらも教科書に掲載されるような英文を音読します。

W2キップ・ケイツ (鳥取・大学)
Peace Education in EFL: Topics, Tasks, Activities

Kip Cates (Tottori University) 
How can language teachers in schools around the world promote peace? This session will demonstrate a variety of peace education activities (a Nobel Peace Prize quiz, a mock peace election…) designed for students in Japan that practice English while promoting the knowledge and skills needed to achieve a peaceful world. Participants will analyze the design of the activities, then discuss how they could be adapted for other ages, levels and teaching situations.






LEARN

Posted by gm_admin